鯖ラベル

鯖水煮缶詰のラベルを鑑賞します

タイランドフィッシャリー さば水煮 その2

TFJ02s
■輸入者:タイランドフィッシャリージャパン株式会社
■商品名:さば水煮
■缶サイズ:301径150gDR
■採集時期:2019年
■解説:2017年採集品から写真や商品名ロゴなど多くの部品を流用したと思われるデザイン。ぱっと見では背景模様の違いが目につくが、それ以上に大きな変化は固形量率。内容総量当たりの固形量で表されるその数値は75%から60%に激減しており、もはや塩水を売っていると言っていいレベル。砂糖水を売るだけの世界的企業もあるくらいだから、固形量率0%の「さば水」なんてものも、あながち無い未来でもないのかもしれない。

気仙沼ほてい 鯖水煮

hotei01s
■製造者:気仙沼ほてい株式会社
■商品名:鯖水煮
■缶サイズ:T2号3P
■採集時期:2018年
■解説:気仙沼ほていはホテイフーズ(やきとり缶詰で知られる)の関連会社。鯖のバックの筆書き模様は、水色基調のラベルが多い水煮界でも飛び抜けてパステル調で、明るい雰囲気のデザインとなっている。ちなみに同社の味噌煮は淡いオレンジ色、オリーブオイル漬は黄緑色と、やはり明るめの配色となっている。もう一つ面白いのが注意書き。他社では「ご注意」の小見出しのあとに●や▼の記号で箇条書きが続いていることが多いが、本製品では一項目ごとに「▽注意」と表記されている。

宝幸 国内産さば水煮 その3

hoko18s
■製造者:株式会社宝幸
■商品名:国内産さば水煮
■缶サイズ:6号DR
■採集時期:2019年
■解説:2016年採集品からのマイナーチェンジ。写真に被るハンコ様マークの文字が「国内産さば使用」から「宝幸八戸工場製造」に変わった。ほかに栄養成分の分析し直しとDHA、EPAの追加、原材料名にアレルギー物質一括表示を追記。

神戸物産 さば水煮 その5

kobe05s
■輸入者:株式会社神戸物産
■商品名:さば水煮
■缶サイズ:301径160gDR
■採集時期:2019年
■解説:タイ産の輸入品。写真は2017年後期採集品のものを流用しているが、原材料も成分量も異なるしハラール認証もなくなっているので別工場での製造であろう。原材料にたまねぎ粉末が入るのは初めて見た。鯖缶のラベルの背景というとウネウネした波や青海波がよく見られるが、本品では竹細工風で、白い皿とも相まってテーブルクロスのようにも見える。

三星 八戸港水揚げ鯖水煮

sansei02s
■製造者:株式会社三星
■商品名:八戸港水揚げ鯖水煮
■缶サイズ:F2号3P
■採集時期:2018年
■解説:前回採集品と商品名が異なるが、JANコードが変わらないので同じ商品扱い。色味も背景写真も同じなので継続的に購入していた消費者でもデザイン変更には気が付かないかもしれない。
ギャラリー
  • タイランドフィッシャリー さば水煮 その2
  • 気仙沼ほてい 鯖水煮
  • 宝幸 国内産さば水煮 その3
  • 神戸物産 さば水煮 その5
  • 三星 八戸港水揚げ鯖水煮
  • 高木商店 寒さば水煮
  • 富永貿易 さば水煮
  • 木の屋 金華さば水煮 その3
  • 極洋 さば水煮 その7
i