鯖ラベル

鯖水煮缶詰のラベルを鑑賞します

輸入促進販売 鯖水煮

yunyuu01s
■輸入者:有限会社輸入促進販売
■商品名:鯖水煮
■缶サイズ:301径175gDR
■採集時期:2019年
■解説:輸入缶のよくあるお座なりなラベルデザインに見えるが…。背景模様が各パーツに絡みすぎると商品名などが読みづらくなるためだろうか、波模様は上下辺にのみ描かれている。しかし中央部がペンキで塗りつぶしたような帯となっているので、波模様が半端なところで切れているのがいただけない。最近はタイ以外からの輸入品も増えているが、ベトナム産はまだ数えるほど。その一つ、今津のものとはベトナム産の175g缶、蓋にスワンインダストリーズのマーク、底面の記号も日付以外同じ、と共通点が多いことから、それぞれの製造所は同じかまたは何らかのつながりがあると類推される。

福井缶詰 鯖水煮

fukui01s
■製造者:福井缶詰株式会社
■商品名:鯖水煮
■缶サイズ:T2号3P
■採集時期:2019年
■解説:リリーの製品を受託製造している福井缶詰による自社ブランド。おそらく同じラインを使用していると思われるが、リリーが水煮・味噌煮・醤油味付とオーソドックスな品揃えにとどまるのに対し、自社製品は味付に唐辛子入りや生姜入りの変種を投入するなどして計7種のラインナップとなっている。種類が増えるとラベルの色分けをどうするのかが気になるところだが、まあ水煮は安定の水色で、しかしここまでのっぺりした単調な水色だといっそ清々しいくらいである。

ニッスイ さば水煮 その7

nissui17s
■輸入者:日本水産株式会社
■商品名:さば水煮
■缶サイズ:301径130gDR
■採集時期:2019年
■解説:タイ産。国産では見られない130gという内容量。デザインは2018年採集品をもとにしたと思われ、写真やパーツ配置も同様のものとなっている。ニッスイといえばのっぺりした水色のラベルという印象があるが、本品ではウロコ模様の背景で変化をつけてきた。今のところコンビニでしか確認していないので、販売チャネルをコンビニに限定した商品かもしれない。

巨林 さば水煮 その2

kyorin02s
■輸入者:株式会社巨林ジャパン
■商品名:さば水煮
■缶サイズ:301径200gDR
■採集時期:2019年
■解説:2018年採集品の輸入者・巨林フーズ&リカーとは別会社の巨林ジャパンによる輸入品。とはいえ会社の所在地も代表者も同じであるし、なによりデザインが酷似しているので別会社によるものだと認識する人のほうが少数派であろう。しかしなにからなにまで似ているように見えて、背景模様を市松から青海波に変えているなど、微妙な変化球を投げてきている。

セブンプレミアム 金華さば水煮

seven07s
■販売者:株式会社STIフードホールディングス
■商品名:金華さば水煮
■缶サイズ:6号3P
■採集時期:2020年
■解説:セブンプレミアムはセブン&アイホールディングスのプライベートブランド(PB)。セブンにはこれまでも八戸産鯖水煮のような上位カテゴリはあったが、こちらは販売チャネルをセブンイレブンに限定してのラインナップとなる。金華さばというブランド鯖を使用してはいるもののそれについての説明はほとんど無く、金華といえばハムを思い浮かべる多くの人にとってはPBロゴと同じ大きさで控えめに添えられた金華さばというマークを見てようやく鯖にもブランドがあるのかという認知に至る程度だろう。紺地に銀の箔押しで高級感を醸し出すが、日本人が弱いマジックワード「数量限定」も目立たず、全体的に抑制的なデザインだ。
ギャラリー
  • 輸入促進販売 鯖水煮
  • 福井缶詰 鯖水煮
  • ニッスイ さば水煮 その7
  • 巨林 さば水煮 その2
  • セブンプレミアム 金華さば水煮
  • SSK うまい!さば水煮 その3
  • 兼松 大西洋さば水煮
  • 極洋 さば水煮 その8
  • ローソンセレクト さば水煮 その4
カテゴリー
i